店舗スタッフから本社異動で
相乗効果
レンタル法人営業 葛西スタッフ
/ 2019年入社
入社6年目、レンタル営業支援部ではたらく葛西さんの1日に密着しながら、
仕事をする上でのモットーや、今後の目標をインタビューしました。
一日のスケジュール
顧客訪問
「トヨタファンを増やす」が最大のモチベーションに

担当のお客さまを訪問し、レンタカーの法人カードや新商品プランのご案内をします。お客さまと接するときにいつも意識しているのは、「トヨタファンを増やす」ということ。実際にレンタカーを利用してもらって、「トヨタのここがすごいよね」「こういう制度いいよね」と言ってもらえたときは、本当に嬉しいですね。また、お客さまへの訪問は、いいところだけでなく、トヨタへの要望も直接聞く機会として、業務の改善・提案に活かされる場。その結果、一人でも多くの方にトヨタを好きになってもらうことにやりがいを感じるし、モチベーションになりますね。

社内打ち合わせ
密な連携でお客さま対応を徹底サポート

全国でレンタカーを利用するようなお客さまへの対応は店舗スタッフと協力しながら行います。お客さまの要望を満たすために、私たち営業支援部が調べた結果を提供したり、逆に各店舗からの声を聞いて対応していきます。私は店舗経験があるので、それが店舗側の業務量と要望の調整などにも活きていますね。お客さまへの話し方や提案の仕方は、上司と同行訪問に行く中でたくさん 学ばせてもらいました。今は一人で対応することも多く、私の発言が相手にとってはトヨタそのもの。責任感とやりがいを感じています。
また、新商品の勉強会を企画したり、一緒に同行訪問したり、レンタカー法人営業の専門部隊として、店舗スタッフが店頭でしっかりとお客さまに伝えるためのバックアップをしています。

退社
登山、スキューバ、マラソン…プライベートの充実が仕事の原動力に

予定のある日は早めに退社します。仕事のスケジュール管理は基本的に自分で組めるのでプライベートと調整しやすい。メンバー間でも気軽に話し合えるので変に気を遣うこともなく、持ちつ持たれつという環境です。私は登山やスキューバダイビング、マラソンと体を動かすことが趣味なので、休日は外に出ることが多いですし平日の業務後に走りに行ったりもします。先日は会社の福利厚生でレンタカーを安く借りて友人と一緒に長野へスキーに行ってきました。プライベートが充実すると、仕事ももっと頑張ろうという気持ちになります!

就活生へのメッセージ

私が店舗スタッフとして2年経験した後、異動希望を出して本社業務にキャリアチェンジしました。いろいろチャレンジしてみたい、キャリアアップしたいという方には機会が提供されるので、マッチすると思いますし、レンタカー店舗、リース、そのほかモビリティサービスといろんな業務を経験することで見えてくることもあると思います。私は仕事とプライベートの両立を充実させたいので、「仕事にもしっかり取り組んだうえで年休もしっかり取れる」今の働き方には満足しかないです。最近では男性でも育休取得を推奨されていますね。ワークライフバランスを取りながらキャリアアップを目指したいという方のご応募をお待ちしています。

私のマイルストーン

不安をワクワクが上回る、
店舗スタッフからのキャリアチェンジ
業務の幅が広がることで
お客さまに寄り添った提案ができる
多様な部署の考え方を吸収
広い視野で考えられる人材に

トヨタの安心感、産休・育休と年休の消化率の高さ、女性が活躍している風土、勤務地は東京で転勤なし。「とにかく働きやすそう」というのが、この会社に興味を持ったきっかけです。入社後2年間はレンタカー店舗のスタッフとして働き、「もっとお客さまの声をダイレクトに聞きたい」「キャリアアップしたい」という思いから、異動希望を出し、3年目からは今のレンタル営業支援部に移りました。全くの違う業務でしたが、不安よりは新しいことができるというワクワク感の方が上回っていましたね。

レンタル営業の仕事は、何と言ってもお客さまの生の声を聞けることが魅力です。店舗スタッフの頃は、お客さまに寄り添った提案をもっとしたいと思っても、お客さまの声を聞く機会や経験がないから具体的なイメージが描きづらかった。店舗業務での現場経験がいまの業務にそのまま活きてもいますし、いまの業務でお客さまの課題感や要望を知り、それに応えるために専門性を高めていくことは店舗業務にも活きると感じています。部署の行き来があることは会社にとっても良い循環になると感じています。

先々はいろんな角度から広い視野で物事を考えられる人材になりたいです。そのためにジョブローテーションを活用し、多様なバックグラウンド・部署の方と一緒に仕事をしながら考え方を吸収していきたいですね。後輩ができたら、私がこれまで先輩方にやってもらったように良き相談相手として仕事を教えられたらと思っています。

不安をワクワクが上回る、店舗スタッフからのキャリアチェンジ

トヨタの安心感、産休・育休と年休の消化率の高さ、女性が活躍している風土、勤務地は東京で転勤なし。「とにかく働きやすそう」というのが、この会社に興味を持ったきっかけです。入社後2年間はレンタカー店舗のスタッフとして働き、「もっとお客さまの声をダイレクトに聞きたい」「キャリアアップしたい」という思いから、異動希望を出し、3年目からは今のレンタル営業支援部に移りました。全くの違う業務でしたが、不安よりは新しいことができるというワクワク感の方が上回っていましたね。

業務の幅が広がることでお客さまに寄り添った提案ができる

レンタル営業の仕事は、何と言ってもお客さまの生の声を聞けることが魅力です。店舗スタッフの頃は、お客さまに寄り添った提案をもっとしたいと思っても、お客さまの声を聞く機会や経験がないから具体的なイメージが描きづらかった。店舗業務での現場経験がいまの業務にそのまま活きてもいますし、いまの業務でお客さまの課題感や要望を知り、それに応えるために専門性を高めていくことは店舗業務にも活きると感じています。部署の行き来があることは会社にとっても良い循環になると感じています。

多様な部署の考え方を吸収広い視野で考えられる人材に

先々はいろんな角度から広い視野で物事を考えられる人材になりたいです。そのためにジョブローテーションを活用し、多様なバックグラウンド・部署の方と一緒に仕事をしながら考え方を吸収していきたいですね。後輩ができたら、私がこれまで先輩方にやってもらったように良き相談相手として仕事を教えられたらと思っています。

たくさんのご応募 ありがとうございました。