みんなの顔が明るい職場。
理想の働き方で
「キャリアアップ」を目指す
リース営業 榊スタッフ
/ 2023年入社
入社2年目、リース営業部ではたらく榊さんの1日に密着しながら、
仕事をする上でのモットーや、今後の目標をインタビューしました。
一日のスケジュール
ユニット勉強会
未経験からでも滞りなく学べる充実の勉強会

毎週、同じチームの1、2年目の社員で集まり勉強会を行っています。チームの先輩方に、日々の業務の流れから、商談時の提案資料のつくり方、クルマに関する知識まで、幅広い内容を一つひとつ丁寧に教えてもらっています。別業界から転職してきたばかりなので、業務内容をこうして学べる場は有難いですし、どの分野の学びも新鮮で毎回楽しみです。ひとつ上の年次で私と同じキャリア採用の方から受けたアドバイスは、「お客さまを担当し始める前にいかに知識をインプットできるかが大事」ということ。与えられた学びの機会を足掛かりにして、自分からどんどん知識を吸収していきたいですね。

先輩スタッフ同行訪問
移動中は絶好の質問タイム。自分の言葉で伝えられるように

先輩に同行し、お客さまを訪問します。事前準備も先輩と一緒に行い、お客さまと先輩との間の会話で理解できなかったことがあれば、訪問直後にしっかり確認するようにしています。まだまだわからないことばかりなので、先輩との移動中は絶好の質問タイムですね。電車移動が基本ですが、遠方に向かう時には私が社用車を運転することもあります。新型車でお客さまのもとに伺って、そのままクルマをご紹介することも多いです。そのクルマの機能や良さを知るためには、クルマを運転するのが一番。「自分の言葉で伝えられること」は、営業としてとても大事なことだと思います。先輩方はとても親身に教えてくれるし、チームも一体感がある。自分も早く戦力になって、頑張りたいですね。

就活生へのメッセージ

当社に入社して一番良いと思ったことは、働いている人たちの顔が明るいこと。今の部署ではみんな毎朝「おはようございます!」とすごく明るく挨拶してオフィスに入ってくるんです。「重いノルマがあって、同僚との熾烈な競争があって……」という一般的な営業のイメージとはかけ離れていることに最初は驚きでした。これには組織全体に浸透している互いに助け合う精神が関係していると感じます。また、各々の都合に合わせて勤務時間を変更できるフレックスタイム制だったり、有給の取得しやすさだったりと、柔軟な働き方ができる環境であることも大きい。リース業界や法人営業といった職種は、普段の生活であまり接点がなく、イメージが湧きづらいかもしれませんが、それを理由に就職の選択肢から外してしまってはもったいない。ホワイトな職場で活き活きと働きたいという方は、志望先の1つに加えてみることをおすすめします。

私のマイルストーン

新卒から望んで営業畑へ
転職の決め手はホワイトな職場環境
営業職として発見の多い日々
いかに自分から動いて知識を得るか
若手でも「キャリアアップ」を
目指せる環境で
理想のワークライフバランスを追求

デスクに張り付いて働くよりも、自分で足を動かしたり人と関わったりするのが好きだったので、新卒時から営業がやりたいと思っていました。転職活動を始めたのは社会人4年目。レンタルリース業界や当社のことは、エージェントから紹介されて初めて知りました。もともと自動車業界には興味があり、ディーラーを考えたこともあったのですが、土日に働かないといけないことがネックで諦めていたんです。そのような中で、土日にしっかり休める、有給が取りやすい、給与が好条件であるといったホワイトな職場環境が、当社に入社する決め手になりました。

前職で4年間営業をしていたので、商談の仕方やお客さまとの関わり方など、営業職としての基礎は一通りやってきました。それでも、上司や先輩に同行すると「そういうふうに身振り手振りをするといいのか」「お客さまとそんなに気さくに話せるんだ」といったように学びも多いです。課題はやはり知識面ですね。あと2カ月でお客さまを担当することが決まっているので、今はひたすら勉強するのみです。大切にしているのは、とにかく自分から動くこと。待っているだけじゃダメで、どれだけ自分から学ぶ姿勢を持って取り組めるか。これまでの経験からも、何事も自分次第という実感を持っています。

私自身どんどんキャリアアップを目指していきたいです。年功序列の会社がまだまだ多いなか、当社は30代半ばくらいで管理職を任される方もいます。頑張れば頑張ったぶんだけ報われ、若手にいくらでもチャンスがある。社長もそうしたメッセージを発信していますし、現場を見ていても実際その通りなので、思い切り仕事に取り組みたいですね。一方で、プライベートを充実させたいという思いもあります。この恵まれた環境で、理想のワークライフバランスを追求していけることがこれから楽しみです。

新卒から望んで営業畑へ
転職の決め手はホワイトな職場環境

デスクに張り付いて働くよりも、自分で足を動かしたり人と関わったりするのが好きだったので、新卒時から営業がやりたいと思っていました。転職活動を始めたのは社会人4年目。レンタルリース業界や当社のことは、エージェントから紹介されて初めて知りました。もともと自動車業界には興味があり、ディーラーを考えたこともあったのですが、土日に働かないといけないことがネックで諦めていたんです。そのような中で、土日にしっかり休める、有給が取りやすい、給与が好条件であるといったホワイトな職場環境が、当社に入社する決め手になりました。

営業職として発見の多い日々
いかに自分から動いて知識を得るか

前職で4年間営業をしていたので、商談の仕方やお客さまとの関わり方など、営業職としての基礎は一通りやってきました。それでも、上司や先輩に同行すると「そういうふうに身振り手振りをするといいのか」「お客さまとそんなに気さくに話せるんだ」といったように学びも多いです。課題はやはり知識面ですね。あと2カ月でお客さまを担当することが決まっているので、今はひたすら勉強するのみです。大切にしているのは、とにかく自分から動くこと。待っているだけじゃダメで、どれだけ自分から学ぶ姿勢を持って取り組めるか。これまでの経験からも、何事も自分次第という実感を持っています。

若手でも「キャリアアップ」を目指せる環境で
理想のワークライフバランスを追求

私自身どんどんキャリアアップを目指していきたいです。年功序列の会社がまだまだ多いなか、当社は30代半ばくらいで管理職を任される方もいます。頑張れば頑張ったぶんだけ報われ、若手にいくらでもチャンスがある。社長もそうしたメッセージを発信していますし、現場を見ていても実際その通りなので、思い切り仕事に取り組みたいですね。一方で、プライベートを充実させたいという思いもあります。この恵まれた環境で、理想のワークライフバランスを追求していけることがこれから楽しみです。

たくさんのご応募 ありがとうございました。