RePLUSが提供する3つの補償

3つの補償

1. 修理費用差額補償サービス

事故により、お車の修理費用がリース契約の中途解約金(車両保険金)を上回った場合、その差額分を補償します。
【補償限度額:20万円(修理費用20万円超40万円以内に生じた中途解約金との差額分)】

リースカーで事故を起こした場合

車両保険に加入していても
修理費用の一部が補償されないケースがあります!

car01
修理費用差額補償サービスイメージ

事故例:
事故による修理費⽤が40万円かかる時、その時点でのリースカーの価値(中途解約⾦)が20万円の場合

修理費用差額補償サービスで差額分の20万円を補償
修理費用差額補償サービスで差額分の20万円を補償

2.⾞両無過失差額補償サービス

被害事故により、相手自動車保険からの賠償金がお車の修理費用やリース契約の中途解約金未満となった場合、その差額分を補償します。
【補償限度額:500万円】

リースカーが追突被害事故に遭った場合

相手車両が車両保険に加入していても
修理代金の一部が補償されないケースがあります!

car02

事故例:
事故による修理費⽤が300万円かかる時、リースカーの時価基準での価値が250万円の場合

車両無過失差額補償サービスで差額分の50万円を補償
車両無過失差額補償サービスで差額分の50万円を補償

3. 全損時 代替レンタカーサービス

全損事故によりリース契約が中途解約となった後、新たにトヨタモビリティサービスでリース契約をいただける場合、自動車保険による
レンタカー補償が終了後、新車が納入されるまでのレンタカーを無償でご提供します。
【補償限度額:20万円】

事故例:
事故によりリースカーが大破、使用不能となり、新たにリースカーを発注した場合

全損時 代替レンタカーサービスで新車が納入されるまでのレンタカー費用を20万円まで補償
全損時 代替レンタカーサービスで新車が納入されるまでのレンタカー費用を20万円まで補償

サービス紹介動画

取扱要件等
取扱要件等